FC2ブログ








告知が遅れて、放送後になってしまいました。
2019年2月に放送された『保護犬や保護猫が新しい家族と出会うお手伝いをする生放送』番組の第2弾『家族になろうよ~犬と猫と私たちの未来』が本日放送されました。
「家族になろうよ」の番組
我が家でゴンタを預かった時、里親募集掲載でお世話になった保護団体『ちばわん』さんが登場したのです。
 「ちばわん」さんの保護犬は犬85から犬89です。怪我で鼻を切除した「とろ」ちゃんが気になりましたね。垂れ耳で足の短さからダックスMIXだと思うのですが、鼻がなくても一所懸命生きているんです。いい家族が見つかるといいなあと思います。
家族になろうよの保護犬(ちばわん)
スポンサーサイト




[2019/09/21 00:00] | TB(0) | CM(0)

いつもどおり仕事に行ったのに、午前9時半の電話で一転した。
「消防です、これからブルーシートを貼りに行きます。家にいらっしゃいますね。」ちょっとちょっと待って~。
「申し訳ございませんが、午後にしていただくことはできませんか?」午後の訪問にしてもらった。
職場のみんなに事情を話して、急で申し訳ないけれど、午後半日の休暇をいただいた。

ところが、待てど暮らせど、消防が来ない。お願いした立場、催促の電話なんて入れられない。西の空が朱色に染まる頃、あきらめてブルーシートと土嚢をしまうことにした。

午後家で待っている間、屋根の修理を依頼したところから電話があった。
「近くまで来ているので、急で申し訳ありませんが、今からおうかがいしてもよろしいですか。」コーディネーターさんが見積もりを出すのに現場を見せてほしいとのこと。
ひとつ仕事は終わらなかったけれど、ひとつ仕事が進んだから、きょうはいい日だった。そう思うことにしよう。

きょうもなつかしい写真
階段の上で抱っこして降ろしてくれるのを待っているルーちゃん(左)とセレナ(中央)、自力で降りられるのに付き合って階段の上にいるゴンタ(右)。
階段の上で待つルーちゃん、セレナ、ゴンタ2015/5/21

[2019/09/20 23:14] 災害 | TB(0) | CM(0)

市の社会福祉協議会のフェスブックでこの講習会を見つけて、本日参加しました。
事前にYoutubeでも見ていたのですが、やはり『聞くと見るとでは大違い』、参加してよかったです。
というのもはれない場合の対処方法、家の中にブルーシートをはって、被害を食い止める、被害を今より大きくしない方法も教えていただきました。

ブルーシートのはり方講習会2019/9/19

午後8時、一旦寝たはずの父が起きてました。2階でうとうとし始めたBossは、なにごとかと思ってあわてて階段を下りたのです。
「ゴンタがいねぇようだ。ゴンタはどこにいるんだ。」おぉ、ゴンタを忘れずにいたんだ。
「犬の鳴き声がするが、ゴンタじゃねぇよな?」お骨になったゴンタを見せようかと思いましたが、父は動きそうにないので、
「ゴンタは亡くなったんだよ。」また泣かれたらどうしよう・・・。
「え?!どうした?」
「歳だったんだよ。自分と同じくらいの歳だったから、だんだん食べられなくなって、最後に心臓がとまったんだ。車庫で看取ったんだ。」
「ああそうか・・・、かわいそうだったな。」かわいそうじゃなくて、幸せな犬だったんだよ。
「犬はいた方がいいなあ。いた方がいいだろう。」
「どうかなあ、犬が長生きすると、私のほうが先に死んじゃうかもしれないよ。」まだゴンタの49日も終わっていないので、この先のことは考えたくありませんね。父は犬が好きなんだな。

ひなたぼっこする父に寄り添うゴンタ、2015/2/11撮影
庭でひなたぼっこする父と寄り添うゴンタ2015/2/11


[2019/09/19 22:50] 災害 | TB(0) | CM(0)

時間があると、シャッターの電動と手動の切り替えのかぎを探しています。
きょうは夕飯後、押入れの中に設置してある棚の中を片付けながら、かぎを探したのです。
そしたら、なつかしい写真が出てきました。
花ほたる2005/5/21
プリントされた写真をカメラで撮ったので、画像が鮮明ではありませんが、場所は花ほたるというお花畑です。土地区画整理が始まる前の野原に、農協の依頼を受けた地元の小学生がお花の種を蒔いたのです。入場無料だった気がします。有料でお花を摘むことができたと思います。
奥の犬がゴンタです。手前の短足がセレナです。写真には収まっていませんが、右側にセレナの姉妹犬ルーちゃんがいます。
2005年5月21日、ルーちゃんと飼い主さんが遊びに来て、花ほたるまでお散歩したときの写真です。ゴンタは2歳11ヶ月、セレナとルーちゃんは7歳でした。

[2019/09/18 00:00] | TB(0) | CM(0)

職場は先週金曜日に電力が復旧したそうで、金曜日の午後から業務再開したそうだ。ということで、本日Bossは通電後の初出勤なのだ。
ゴンタと朝の散歩の30分、ゴンタが来てからの15年半欠かしたことがなかった。体調不良で多少熱があっても歩いたものだった。逆に散歩のおかげで病気になることはほとんどなかった。雨でも歩いたよねー。
写真はアウトレットが出来る前の海岸通り。ゴンタは堤防に乗って海をながめるのが好きだった。閉鎖空間は嫌いだったけれど、水はこわくなかったからかなあ。
海を見つめるゴンタ

通勤の道路はけっこう混んでいた。3連休あとということもあるんだろうね。
日も影ってきた仕事終わり、父の介護でお世話になっているヘルパーステーションの所長さんに、偶然お目にかかった。
「お世話になっています。」と言うと、
「あっ、ゴンちゃんが・・・。」とお悔やみを言われた。想定していなかったので、やさしいことばにホロッとしてしまった。
「父も私も泣きそうになってしまいます・・・。」

週の初めは動物病院でお水を買う日、帰宅途中に動物病院に立ち寄る。気がつくときょうもそのルートを走っていた。猫たちのためにお水を買ってもいいんだけれど、多頭の猫たちでもいくらも飲まないから無駄になってしまうんだ。
9月11日のブログもまだ書けない。いつもゴンタが寝ていた場所にゴンタがいない。喪失感がハンパない。日常が始まると喪失感が余計つのる・・・。

[2019/09/17 00:00] | TB(0) | CM(0)