子猫のケージ
2017年09月18日 (月) | 編集 |
 子猫の住まいはこんな感じにできあがった。
子猫の住まい(ケージ)
 おとなの猫と違って、下の棚板から上の棚板まで飛び上がることができない。そこで、はしごを作ってみた。10センチ幅の板に麻ひもを巻いて、滑り止め兼爪とぎにした。それを下の棚板から上の棚板に渡るように立てかけて、柵にピンクのひもでとめてみた。
 指を動かして興味を持たせ、それを板をはうように動かして上の棚板まで誘導した。一回できればあとは自分で上り下りをしてくれる。さすが子猫、あっという間に覚えてくれた。
 ダンボール箱の2段重ねを寝床にした。タオルでおおって視界をさえぎって落ち着けるようにしてみた。きのう日曜日は寒かったので、ペットボトルママを作ってダンボール箱の中に入れて一緒に寝てもらった。
 トイレも完璧だ。教えもしないのに、ちゃんとトイレで用をたしてくれる。

 もう少し太ったら、かわいい写真を撮って里親募集するつもり。だっこもできるし、だっこするとゴロゴロ言ってくれる。シャムの孫になるのにホルスタイン柄になっちゃったねー。性格の良さをアピールして募集しようね!
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
 生後7週の子猫が来た
2017年09月17日 (日) | 編集 |
 K野さんがこまっているので、三毛オスがひっこしたこともあり、子猫を一匹引き受けることにした。
 行動力のあるK野さん、午後1時にLINEして来て、
「預かっていただけないかしら。」とのこと。ケージがあいたから、いいですよと返事した。そして午後5時にK野さんが子猫を入れたキャリー片手に来た。

 一ヶ月は車庫のケージで、ほかの猫から隔離となる。幸い季節がいいので、車庫でもなんとか過ごせる。これが真夏や真冬だと、暑かったり寒かったりと劣悪な環境になる。
 何グラムかなー。見たところ、生後4週くらいの感じだけれど、栄養失調で発育がよろしくないのだそうだ。
 去年7月に保護した渦巻き柄の「まり」も当時、相当栄養状態が悪かったけれど、いい勝負かな。高カロリーのフードをたらふく食べさせるから、どんどん育つんだよ。
 写真はまた後日に。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
 森の中の動物病院その10
2016年12月15日 (木) | 編集 |
 本日、渦巻き柄「まり」の動物眼科の受診日だった。
 先生からは症状が固まって来たし、左目はくもりがあるものの見えているので、抗ウイルス薬「ファムビル」の服薬は終了として、点眼薬や軟膏でもうしばらく様子を見ましょうとご提案をいただいた。来年1月下旬から2月上旬に避妊手術をしましょうと。そのとき、眼瞼癒着があれば切るようにしょうと。AHTさんから、
「まりちゃんはいい子ですねー。診察中、ずっとゴロゴロ言っていたんですよ。」とおほめのことばをいただいた。うれしい半面、ちょっと複雑で、小さい時から病院通いのまり、お医者になれちゃったんだよね。
 体重は2.95kgで、先生の目立てでは、7月上旬生まれで生後約5ヶ月くらいだろうと言われた。動物救急でも同じような見立てだったな。やっぱりお誕生日は7月上旬かな。
 人間年齢で言うとたぶん中学生くらいだと思う。一番体が動いて楽しい時期だよね。ホントにいたずらがすごい!本人(猫)はいたずらしているとは思っていないだろうな。毎日、キジトラ「あや」と楽しくじゃれているだけなんだ。

 寝ているときはこんなにかわいい。右がまり、左がキジトラ「トシ」。
ファンヒーターの前でスヤスヤ眠る「トシ」と「まり」
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
 渦巻き柄「まり」の血液検査
2016年11月29日 (火) | 編集 |
 かかりつけの動物病院が11月末まで健診キャンペーンを行っている。すでにキジトラ「小夏」と三毛猫「里」は受健済。
ぎりぎりやっとまりを連れて行った。
 キャンペーンの血液検査のほかに、猫白血病と猫エイズの血液検査、まりも白血病であることを想定して血球検査もしてもらった。

 結果、まりも白血病キャリアであることが判明した。身体所見は、子猫にしてやや肥満、血液検査の結果は良好!

まりの血液検査の結果2016
まりの血球検査の結果2016
[READ MORE...]
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
 森の中の動物病院 その9
2016年11月26日 (土) | 編集 |
 きょうはお医者の予約でいっぱいの土曜日だった。
 午前8時20分、いつもより早く家を出ることができたので、泌尿器科の専門医に8時50分到着。幸いにして駐車場に4台しか車がとまっていなかった。
 8時55分、レントゲンとMRIを撮る。ほぼ予約どおりの9時10分に診察室に呼ばれ、血液検査の結果を教えてもらい、肺の状況を診てもらい、9時20分にはお支払いを済ませ、次のデイケアの病院に向かうことができた。

 そのデイケアには、9時45分に到着。きょうは家族会開催日、入口が混雑している。余計な会話をせずにさっさと父を預けてきた。速攻で渦巻き柄「まり」を連れに家に戻った。
 10時5分に家に到着。まりをキャリーに入れて10時10分に家を出発し、11時ちょうど予約の時間に森の中の動物病院に着いた。
 一時間待ちがざらなのにめずらしく11時20分に呼ばれた。最初にまりだけが診察室に入る。
「わー、かわいい♪」と診察室から聞こえてきた。森の中の動物病院には3つ診察室がある。もしかしたら、ほかのワンニャンのことを言っているのかもしれないけれど、ここは親バカ丸出しで、まりのことを言っているのだと思うことにした。
 ほどなくして飼い主が呼ばれた。頑張って、まりの目が癒着しないよう朝夕かかさずマッサージした。きっと先生はほめてくれるぞと期待して、診察室に入った。
「左目は、肉芽が増殖して、前回より悪くなっています。」ということばから、先生の説明が始まった。ええー、悪くなっているってどういうことー?目の写真を見ながら、説明が続いた。もう、がっかりしてしまったな。
「生後半年を迎えた頃に、避妊手術と一緒にもう一度目を切る手術をしましょう。来年1月くらいになるでしょう。」「もう少し(の期間)頑張ってお薬を続けてもらって、3週間後にもう一度見せてください。」ベランダで横向く渦巻き柄「まり」
 本日のお支払いも1万超えだった。なにが高いって、抗ウイルス薬「ファムビル」が21日分で、6000円もするんだもの。

 午後3時が父の認知症の診察。こちらは処方箋をいただくだけなので、5分ほど先生とお話をして診察室を後にした。
 家に帰り着くと、父に夕食を与えて、午後6時にBossはテニスのレッスンに参加。これが何よりのストレス解消になるんだ。 
[READ MORE...]
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット