たぬきかハクビシンか!はたまたアライグマ?
2017年07月06日 (木) | 編集 |
 本日午後2時から、ケアマネージャーさんの呼びかけで、父のケア会議があった。参加者は、ケアマネージャーさん、デイケアの所長さん、デイサービスの相談員さん、ヘルパーさんと父とBossの総勢6人だった。
 本人はいねむりをしながらの参加。いつもこうしていねむりをしているんだろうな。

 その後、父を家において、お中元をCOOPに取りに行った。
道路左端に、動物の死骸を発見!

 道中に動物の死骸をみつけた。これはたぬきかハクビシンか!はたまたアライグマ?見分け方はこちら『NAVER まとめ ー見分け方
 しっぽにシマシマがあったので、たぶんアライグマ。休耕田が広がる草ぼうぼうの土地、アライグマはたくましいからどこにでもいるんだなあ。
スポンサーサイト
 横浜の叔父
2017年07月01日 (土) | 編集 |
 本日土曜日で父はデイケア。お昼に好きなものをゆっくりと食べられるまさに至福の時間。

 外がにぎやかでなんだろうと思ったら、
「ごめんください。」と!
「はーい。」と階段を下りていくと、叔父とその子(いとこ)が立っていた。いとこがこっそりと言った。
「実家のことをあれこれあまり言うので、つれてきたんですよ。」父は長男で、叔父は4男、どちらも認知症。
「母がもう、まいってしまって・・・。」認知症の家族と四六時中一緒にいたら、介護する側が疲れてしまう。

 アウトレット渋滞に巻き込まれないうちにと、昼食をともにして帰っていった。父に会わせたかったが、生きていればまたいつか会えるだろう。
 父の坐骨神経痛 受診から2週間
2017年06月20日 (火) | 編集 |
 毎朝、足が痛いと大騒ぎする父。いい歳の大きな大人が痛い痛いとわめくさまは、なさけなくて見ていられない。

 整形外科を受診して2週間、痛み止めはよく効いたけれど、痛みはちっとも改善しない。整形外科の医師から、
「もう一ヶ月、痛み止めの服用を続けましょう。」と言われた。まあ、大きいスーパー袋いっぱいのお薬が処方された。先生は、かなり高齢の父が杖をつきながらでも歩いていることにふたたび感激していた。
「りっぱじゃないですか!」「すごいですねー!」
 いやいやそれはそうかもしれないけれど、介護する身としては、毎朝のおたけびをなんとかしてほしいと思った。死ぬまでこのままなのかなあと思ったら、どうやら3ヶ月もすると自然治癒するというサイトを見つけた。ちょっと希望の光が見えた気がした。
 父は坐骨神経痛
2017年06月06日 (火) | 編集 |
 やっと整形外科を受診しました。父の病名は坐骨神経痛でした。朝の起き抜けが一番痛いこと、右足の脇が痛いこと、これらから想像できるのがやはり坐骨神経痛ですもの。
 まあ、起き抜けの機嫌が悪いこと。痛さもあって、
「起きねえ!寝てる!」「うるせい!」と悪態の連続です。朝から、こちらもイライラがつのります。

 私もかつて経験しましたが、結局痛み止めを服用するしかないのです。父も整体に行ってみますかね~。
 Boss、お散歩いってらっしゃい
2017年06月02日 (金) | 編集 |
 そう言って見送ってくれたのは、茶トラ白「とも」です。
自動車の上の茶トラ白「とも」

 仕事から帰って、父を整形外科に連れて行こうと自動車を外にとめていたら、「とも」が自動車の上から見送ってくれました。当の父は、
「足はいたくねえ。」と言って、もう少し様子を見てほしいといい、受診を延期しました。そりゃ痛くないわけです、痛みどめを服用しているのですから・・・。明日の朝、また足が痛いと訴えるのは目に見えています。