シドの抜糸
2012年09月30日 (日) | 編集 |
 去勢手術を受けた柴犬「シド」、抜糸で動物病院へ行ってきた。
 抜糸するたびに大騒ぎ。ちょっと痛いんだよね、いやがってワーワー騒いだ。動かれると先生だって糸が抜けない。
 ずいぶん前だけど、イングリッシュセッターの「ラナ」は、全然痛がらなかった。ものの5分で終わった。やっぱりメスは痛みに強いわー。
 その上シドは、縫ったところをなめてばかりいたから、まだ傷が治りきっていないらしい。抜糸はできる範囲にとどめて、塗り薬をいただいてきた。
 塗ったところをなめてもいいけれど、散歩に行く前に塗ると歩いている間は、塗ったところが気にならないらしい。「家に帰り着くころには乾いていますよ。」と勧められた。
 10月5日以降に再来院するように言われた。もう一回抜糸か・・・。

 きょうは夕方から風雨が強くなったので、傷口に薬は塗らなかった。あしたの散歩からだね。
スポンサーサイト
テーマ:犬のいる生活
ジャンル:ペット