森の中の動物病院 3回目
2016年08月30日 (火) | 編集 |
 きょうは渦巻き柄「まり」の眼科受診の日。
 目やには、土曜日からすっかりなくなった。ただ、くしゃみの間隔は伸びて回数は減っているものの、しなくなったわけじゃない。くしゃみのせいで、ハナが出てそれが固まっている。ようするに鼻く○をつけているってことだ。

 きょうの予約は午前10時半。午前9時に父をデイケアに送ってから、まりを動物病院に連れて行った。
 台風が来るということで、高速道路はガラガラだった。平日の下り、ただでさえ交通量が少ないのに。午前10時前には到着できた。こんな日でも患者さんはいるんだな、待合室には5組くらい人と犬がいた。

 ほぼ予約時間に呼ばれた。
 先生は、まりの眼球がくるくると動くことにびっくりしていた。そして、くしゃみを止める最終兵器と言えるお薬『エリスロマイシン』が処方された。抗ウイルス薬『ファムビル』は続けて処方された。本日のまりの体重1.1キロだ。
「これ(エリスロマイシン)を服用して治らなければ、もう現状維持ということになります。」と言われた。良くなれ~。
 帰りの自動車の中、おひざにだっこしたらウトウトとし始めた。弱視に負けないまりはほんとにかわいい。Bossだけじゃない、茶トラの「にんじん」かあさんもかわいいって思っているよね。
病院帰りの自動車の中の渦巻き柄「まり」

 こうしてブログを更新していると、キジトラ「小夏」と「あや」が並んでおふとんの上で寝ていた。
左キジトラ「あや」、右キジトラ「小夏」
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット