キジトラ「小夏」のお弔い
2017年01月20日 (金) | 編集 |
 午前中みぞれが降るほど寒かった本日、小夏を我が家の畑脇に葬った、モンチの眠る隣に。水仙のお花で飾り、フードをお供えした。
 我が家の畑は今、叔父が管理している。叔父に断ってから埋めればよいのだろうけれど、半年に一匹のペースだからどう言われるかと思うと、夜に畑の脇にそっと埋めることが続いている。きょうも埋めたところに枯れ草を乗せて、掘ったことがわからないようにしてきた。
 飼い猫の平均寿命は15.75歳だそうだ。小夏は15歳半、残念ながら平均寿命に届かなかったな。それでも我が家では最高齢で召された猫だ。
 保護主さん宅が火事になり、焼け出されたモンチと小夏、2007年ゴールデンウィークのできごとだったね。保護主さん宅よりはいい環境で幸せに過ごせたと思っている。小夏、お疲れ様。
かかりつけの動物病院で、小夏は1月、16歳「最高齢猫」
 かかりつけ医の登録が2001年1月生まれとされているため、今月の最高齢猫としてクラウンをいただいた写真。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/01/22(Sun) 19:43 |   |  #[ 編集]
頑張った小夏
 いつもお悔やみをありがとうございます。
 そうです、メタさんとも暮らしました。ほかの猫には危害を加えない、聞き分けがよくて手のかからない猫でした。
 まだ、さがしてしまうんですよ。小夏用の食事もつい、用意してしまうんです。
「小夏、食事に降りてこないなー。」なんて、待っていたりするんです。10年いましたからね。寿命だと思ってもやっぱり、さみしいですね。
2017/01/25(Wed) 00:42 | URL  | かっちゃんBoss #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック