FC2ブログ








 残念ながら、白猫「シロ」が旅立ってしまった。
 きのうの夜は毛づくろいをするほどまでに回復したというのに、午後に容態が急変して呼吸が荒くなった。午後7時50分、尿が出て口から今朝食べたものを吐き出して、吐き出したもので呼吸ができなかったのだろう手足をばたつかせていた。背中を叩いてつまらせているものを吐き出させようとした。出たのか出なかったのか、数回深い呼吸をして動かなくなってしまった。
 人間だったら、午後から酸素吸入だし、吸引器で吐いたものを取り除き、心臓マッサージかな。シロは頑張ったのだ。Bossの看病にきのうとおととい応えてたくさん栄養を摂ったのだ。午後に横たわりながら出した便は硬さも色も健康な猫のものだった。

 旋回行動をとめるためにいらなくなったテレビ台の引き出しを使って、行き止まりを作った。
行き止まりを作って旋回行動を制御した 

 夕方いつもならストーブの前で暖を取るまりなのに、きょうはシロの様子が悪いので部屋に入ってこなかった。シロが亡くなって、亡骸をタオルでくるんでダンボール箱の棺桶に入れ終わると、まりが現れて、お別れを言っていた。(たぶん、においをかぎに来ただけ。)
いまわの際には近寄らなかったまりが、お別れを言いに来た 
 明日お弔いだ。この前、キジトラ白「カイ」を埋めた隣に埋葬しよう。
 シロ、お疲れ様。片目しかなくても不自由さを感じさせない猫だったね。慢性化した鼻炎には最後まで悩まされちゃったね。それでも、父にもかわいがられて、父の部屋でほかの猫を気にすることなく過ごせた数ヶ月は、幸せだったと思う。
 シロ、うちに来てくれてありがとう。安らかに眠ってね。
関連記事
スポンサーサイト

[2018/01/07 00:03] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wantfamiry.blog33.fc2.com/tb.php/2218-a773820d