FC2ブログ








父のリハビリパンツは、コンビニ袋に入れて臭わないようにギューッと結んでゴミ袋へ入れ終わった後、ゴンタの散歩に出かけた。午後7時15分からの基礎英語3を聞きながら歩き始めた。

進行方向から、黒いものがタッタッと音を立てながら脇をすり抜けていった。
「ん?、今のは?」振り返って姿を追うと、3本足の犬だった!と同時にゴンタがその犬を追い始めた。ゴンタに引っ張られるように後を追った。逃げる3本足の犬、それを追うゴンタ、それに続くBoss。
「ゴンタ、待って。」とゴンタを静止させて、
「(3本足の犬の名)」を呼び続けたが、我が家の反対側の家の庭に入って、闇に消えてしまった。3本足でも走るのは早い。そもそも走れるんだね!
落ち着こう。まず、ゴンタを家の前につないで、家からリードの予備を持ってきた。ライト片手に、
「(3本足の犬の名)」を呼びながら逃げた方向を探した。見つからない。名前を呼びながら周辺をぐるりと回ってみた。そうそう、セレナが失踪したときも名前を呼んでも出てこなかったものなー。出てくるわけないわ。
キジトラ白「ゆい」の寝床のある物置(我が家の正面)や写真の「クロ」の家(斜め前の家)のまわりも探したが見つからない。だいたい番犬のクロが吠えずに静かにしているのだから、クロの近くにいないのだ。
ときどき遊びに来る反対側の犬「クロ」とゴンタ
どうしたものかと家の前で思案していると、またもタッタッと3本足の犬が脇を歩いていった。今度は追わずに腰を落として、
「(犬の名)、大丈夫だよ、おいで。」と声をかけた。3本足の犬が歩くのをやめて振り返ってくれた。お腹がすいているんだ。Bossはばかだねえ、フードを持って来ればよかったのにねぇ。なにもくれないとわかると再び歩き出し闇に消えていった。消えたあたりを捜したけれど、暗闇に黒い犬、見えないよ。

あきらめてゴンタとの散歩を再開した。漁組へ電話してみた。残業していれば誰か出るかな?むなしくも「本日の業務は終了しました。」
じゃ、ブログにコメントを入れるか。Amebaの会員でないと書き込めない。しかたない、ゴンタ、飼い主さん宅まで歩こう。

飼い主さん宅の同居人さんと接触でき、目撃情報をお伝えして帰ってきた。
まさかの遭遇だった。
関連記事
スポンサーサイト

[2018/07/24 00:00] | TB(0) | CM(4)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/07/25 02:55] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2018/07/25 05:34] - [ 編集 ]

Re: サンタくん

鹿さん、コメントをありがとうございます。
しばらく見守りの日が続きます。
と言ってもいつも姿を見せるわけではありません。
運がよければ会えます。でも、走れるほどの体力があるのです。

[2018/07/25 22:27] かっちゃんBoss [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/07/25 22:42] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wantfamiry.blog33.fc2.com/tb.php/2363-8023a5dc