FC2ブログ








我が家の猫トイレの数は4個。脱衣所と2階に大型のトイレ、お風呂場にペットシーツのトイレ、三毛猫「里」のお部屋に里専用のトイレがある。
きょうの主人公は、トイレの容器の外でおしっこをする猫。2階のトイレの脇でするのが、キジトラ白「トシ」。最初は砂落としトレイの上でしていた。いつもトレイが水浸しだった。それから砂落としマットの脇でするようになり、今や砂取りマットの下に敷いたペットシーツにするようになってしまった。それでも幸い畳の上にすることはなかった。

きのうから、脱衣所のトイレ脇にする輩(やから)が現れた。誰なのかわからないけれど、洗濯機前の床がびしょびしょだった。きれいに拭き取ったのに、さっき見たらまたもびっしょりだった。あげくに床に置いた液体洗剤に爪で穴をあけてあった。床を拭くと泡立ってきた。もう~!!

父も床に漏らす。夜、父はトイレに行かず、尿瓶で用を足す。尿瓶にし終わったと思っても、パッキンが古くなった水道の蛇口のように締まらずにポタポタと落ちるのだ。歳を取ると、『しまりが悪くなる』とよく言うが、まさにそのとおりなのだ。父自身、それに気づいていない。最悪だ。
関連記事
スポンサーサイト

[2018/09/04 00:00] ぐち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wantfamiry.blog33.fc2.com/tb.php/2403-36d87408